NPO法人「長野市ラグビーフットボール協会」は15日、第11回市ラグビーフェスティバルを長野市の長野Uスタジアムで開いた。ラグビーの技術を学ぶ講習会や未経験者を対象にした体験会があり、保育園児から中学生までの約150人が汗を流した。

 経験者を対象にした講習会では、ラグビー・トップリーグのリコーラグビー部の選手ら5人から高度なパスの回し方などを学んだ。体験会には未経験者約40人が参加。ボールの投げ方などを教わった後、タックルのような接触がない「タグラグビー」に挑戦。5人1チームでパスをつなぎながら敵陣を目指して駆け回り、得点するたびに「ナイストライ」とハイタッチで...    
<記事全文を読む>