20日開幕のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で日本と同じ1次リーグA組のスコットランド代表のキャンプ地である長崎市で15日、大会組織委員会主催の歓迎式典があり、田上富久市長ら関係者が歓迎と激励のスピーチを贈った。同組織委主催の九州での行事は初めて。

 スコットランドは幕末の長崎で近代化に貢献した貿易商トーマス・グラバー(1838~1911)の出身地。世界文化遺産の三菱重工業長崎造船所のジャイアント・カンチレバークレーンはスコットランド製で長崎とのゆかりは深い。

 グラバー園での式典では伝統衣装キルトに身を包んだ選手たちにW杯出場を祝うキャップとメダルが渡さ...    
<記事全文を読む>