東日本大震災の被災地復興を支援する自転車イベント「ツール・ド・東北2019」(河北新報社、ヤフー主催)は15日、宮城県沿岸部の6コースで行われ、2日間の日程を終えた。計3973人が被災地の現状を感じ取りながら、海沿いのコースを走り抜けた。
 15日は石巻市の石巻専修大を発着する4コース(65~210キロ)と気仙沼市から石巻市を目指すコース(100キロ)、新設の仙台発奥松島グループライド(65キロ)が行われた。
 仙台発ライドの参加者66人は、河北新報社本社(仙台市青葉区)をスタート。仙台市が沿岸部に整備を進めるかさ上げ道路「東部復興道路」を、10月19日の全線開通前...    
<記事全文を読む>