リオデジャネイロ五輪で卓球男子団体銀メダルとシングルス銅メダルを獲得した日本のエース水谷隼選手(30)のトークショーが14日、天童市スポーツセンターで開かれた。約600人の来場者に「リオで起こした奇跡を東京でも見せたい」と東京五輪への意欲を語った。

 五輪4回出場の経験を持つTリーグチェアマンの松下浩二さん(52)と「夢への道しるべ」をテーマに語り合った。司会者から来県回数を問われた水谷選手が「長井に合宿免許を取りに来て以来だから2回目」と秘話を披露すると、会場はどっと沸いた。

 初めての北京五輪では「夢の舞台で舞い上がっちゃって」と振り返った。「東京で競技生活...    
<記事全文を読む>