川崎市高津区の市立東高津中学校で十三日、競泳の元日本代表で二〇〇八年北京、一二年ロンドン五輪に出場した伊藤華英さん(34)が全校生徒約五百六十人を前に講演した。

 講演は同市が二〇年東京五輪・パラリンピック開催に伴うホストタウン交流事業の一環として行っている。伊藤さんは「夢は自分を強くする」をテーマに約四十五分間、自身の経験から得た夢を持つ大切さを生徒たちに熱く語った。

 十代のころに人を蹴落とすような戦いに疑問を持ち、五輪代表選考会で落選。その反省から「戦うのは自分一人ではない。ライバルがいて仲間がいる。周りの人に感謝して尊敬する」ことを知り、二大会連続の五輪...    
<記事全文を読む>