柔道のリオデジャネイロ五輪男子73キロ級金メダリストで、1日に閉幕した世界選手権では同級の金メダルを獲得し、男女の混合団体で日本の3連覇に貢献した大野将平(旭化成)が22日、北九州市立総合体育館で開催される柔道教室に登場する。昨年、設立70周年を迎えた北九州柔道会の記念イベントで、大野は同会に所属する団体の選手らを指導し、日本柔道の「心技体」を伝える。

 入場無料。午前10時開始で一般用の観覧席も用意される。同会の芹田剛理事長は「東京五輪での活躍が期待される大野選手の素晴らしさの一端に触れていただきたい。子どもたちが柔道に打ち込んだり、柔道を始めたりするきっかけになればうれ...    
<記事全文を読む>