20日に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の札幌ドーム(札幌市豊平区)開催まで1週間。2002年6月のサッカーW杯札幌開催では、フーリガン(暴徒化したファン)によるトラブルを懸念し、道警や札幌市が厳戒態勢を敷いたが、今回は警察官の動員数を縮小した「ソフトな警備」としている。札幌市内では海外客向けの飲食マップが用意されるなど、歓迎ムードが広がっている。

 札幌ドームでは21日にオーストラリア―フィジー戦、22日にイングランド―トンガ戦と人気チームの対戦が続き、イングランド、オーストラリアを中心に約80カ国2万人超の海外ファンが訪れると予想される。

 道...    
<記事全文を読む>