宮崎市の木崎浜で行われているサーフィンの世界選手権「ワールドゲームス」で、同市青島のヒエドマン陸選手(20)が、父親の母国スウェーデン代表として挑み、世界を相手に奮闘した。初めての大舞台は12日に幕を閉じたものの、”宮崎仕込み”のサーフィンで地元ファンを沸かせた。

...    
<記事全文を読む>