2020年の東京パラリンピックの事前キャンプで英国チームが使用する川崎市内の施設が、正式決定した。英国パラリンピック委員会が、予定していた3施設のうち、屋内施設のカルッツかわさき(川崎区)、球技場の富士通スタジアム川崎(同)の使用見送りを12日までに表明。これにより、等々力陸上競技場(中原区)が唯一の受け入れ施設となった。

 市オリンピックパラリンピック推進室によると、カルッツかわさきと富士通スタジアム川崎を使用予定だった競技については、「主に自国内でトレーニングを行い、来日後はホテルで時差調整や気候順応を図ることにした」と説明があったという。

 市は昨年5月、...    
<記事全文を読む>