オールブラックスを迎える朝、街は浮き立つような気分に包まれていた。
 今月7日、ニュージーランド(NZ)北部の都市ハミルトン。2週間後に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に向け、この地のワイカトスタジアムでNZ代表チームの最後の強化試合となるトンガ戦が迫っていた。
 ホイッスルは午後2時35分に鳴る。スタジアムの周りには午前9時半ごろから人が集まり始めた。「オールブラックスの試合を見るのは初めて。わくわくして、開場の2時間も前に来たの」。地元の女性(37)はうれしそうに足を進めた。

 スタジアムに近いパブ「スパイツ・エール・ハウス」...    
<記事全文を読む>