ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に向け、柏市で事前キャンプ中のニュージーランド(NZ)代表の三選手が十二日、市立柏の葉小学校で開かれた交通安全教室に参加し、一年生約百九十人とともに、クイズ仕立ての交通ルール学習を楽しんだ。

 NZラグビー協会のスポンサー企業でもあるAIG損害保険(本社・東京都港区)が企画した。安全教室は体育館で、二択式のクイズに児童が答える手順で進められた。

 設問は交差点での待機や、狭い道を大勢で歩くときの作法についてなどで、スクラムハーフのアーロン・スミス選手(30)が正解に応じて、ロックのブローディ・レタリック選手(28)と、フッカ...    
<記事全文を読む>