三重県は12日、第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」本大会(メイン会期=28日~10月8日)の県選手団を発表した。現在開催中の会期前競技を含めて34競技に選手、監督、役員の計470人を派遣する。

2年後の第76回国民体育大会「三重とこわか国体」での天皇杯獲得に向け、今年から天皇杯(男女総合)順位10位以内を目指す県選手団では、昨年の福井国体で3位入賞した卓球成年男子に2018年世界選手権団体戦メンバーの松平健太(県体育協会)=石川県出身=が新たに加わった。

レスリングは今月の世界選手権日本代表の派遣こそ見送ったが、女子53キロ級に2017、18年世界選手権...    
<記事全文を読む>