20日開幕のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会まで残り1週間に迫った。世界三大スポーツイベントの一つに数えられるアジア初の楕円(だえん)球の祭典。重圧のかかる日本開催で日本代表は目標のベスト8入りを達成できるのか。1987年の第1回W杯に出場し、2003年の第5回W杯では代表監督も務めたトップチャレンジリーグ、コカ・コーラの向井昭吾監督(57)は、初戦のロシアと2戦目のアイルランドとの対戦が鍵を握るとみる。所属のウィリアム・トゥポウの活躍には太鼓判を押した。

■南ア戦の完敗で世界レベル感じ反省はできた 

 「地獄」とも形容された長期の強化合宿を経て選ばれた日...    
<記事全文を読む>