8月下旬、北海道・網走合宿の最終日にCTBラファエレ・ティモシーの姿はなかった。「おじが亡くなったんだ」。父とともにラグビーを教えてくれ、テレビで日本代表やスーパーラグビーの試合を楽しみに見ていたという。急きょニュージーランド(NZ)に帰郷したラファエレは遺影に誓った。「おじさんのために戦うよ」

 4歳でサモアからNZに移住し、山梨学院大から誘われて18歳で来日。「きつい練習をやり抜けば結果が出ると学んだ」。関東大学リーグの1部昇格を置き土産にコカ・コーラへ進み、司令塔のSOで才能を伸ばした。

 2016年秋に日本代表に初めて選ばれると、コンタクトの強さを見込ま...    
<記事全文を読む>