二〇二〇年東京五輪・パラリンピックに向け、五輪出場経験を持つアスリートが価値や経験を若い世代に伝える「オリンピック教室」が、長生村の長生中学校であった。日本オリンピック委員会(JOC)主催で、県内では今年五回目。

 五、六日に行われ、二年生約百二十人が参加した。五日はリオデジャネイロ大会で柔道金メダルの田知本遥さん(29)、六日はロンドン大会でシンクロナイズドスイミング(当時)で五位入賞した足立夢実さん(30)が、座学と運動を通じて伝えた。

 田知本さんは、五輪の価値は「挑戦」「友情」「尊敬」の三点にあると解説。田知本さんの背負い投げを受けた柔道部主将の時田もも...    
<記事全文を読む>