【中部】韓国で開催された「世界マーシャルアーツ大会」に出場した宜野湾市出身の呉屋英毅さん(20)=兵庫県=と沖縄市出身の新里弘貴さん(24)=同=が2日、ウズベキスタン発祥の格闘技であるクラッシュ競技でメダルを獲得した。大会初出場の2人の快挙に、地元沖縄から応援した家族たちは歓喜に沸いている。

 沖縄尚学高校で柔道部に所属していた先輩後輩の2人。高校総体や国体に出場経験もある。就職のために兵庫県へ移住し、働きながら共に鍛錬に励んできた。

 クラッシュ競技は、ウズベキスタンの民族格闘技で、投げを中心に技をかけ合うことが特徴。2人は...    
<記事全文を読む>