ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に向け、柏市で事前キャンプ中のニュージーランド(NZ)代表は十一日午前、練習の様子を報道陣に公開した。

 練習は県立柏の葉公園総合競技場で行われた。チームは「オールブラックス」の愛称で呼ばれるが、選手約三十人は黒ではなく青いジャージー姿。蒸し暑さを吹き飛ばすかのように、グラウンドに敷き詰められた緑の芝生の上を、さっそうと走り抜けた。

 柔軟体操、屈伸運動から始まった練習メニューは軽めだったが、パス回し、タックルをする選手たちの動きは迫力たっぷり。史上初の三連覇を目指す「世界最強」の片りんをうかがわせた。

 NZ代...    
<記事全文を読む>