東京五輪の出場権が懸かるサーフィンのワールドゲームス(WG)第5日は11日、宮崎市の木崎浜海岸で前日に日没のため消化できなかった男子1回戦の続きが行われ、22歳で昨年大会4位の村上舜が突破して2回戦に進出した。

...    
<記事全文を読む>