20日開幕のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会出場のため、上田市菅平高原で事前キャンプ中のイタリア代表が11日、サニアパーク菅平で練習を一般公開した。滞在中唯一の公開。「世界レベル」をひと目見ようと集まった多くの市民らを前に、流れるようなパスや力強い攻防を見せた。

 イタリアは世界ランキング14位。日本(10位)を下回るものの、欧州6カ国対抗で強豪国と渡り合う。選手、スタッフら約50人は8日に菅平入り。14日まで滞在して体調を整えた後、公認キャンプ地の堺市へ移動。初戦は22日、花園ラグビー場(大阪府東大阪市)でナミビア(23位)と対戦する。

(9月...    
<記事全文を読む>