いきいき茨城ゆめ国体のオープンウオーターが11日、潮来市潮来の常陸利根川で行われた。同市は9日、台風15号による強風被害と停電に見舞われ、設営が終わっていた大会会場は壊滅的被害を受けた。開催までの2日間、スタッフ総出で再び準備し、何とか開催にこぎ着けた。選手たちのレースを見守った関係者は「まずはホッとした」と胸をなで下ろした。

想定を超える台風被害だった。市国体実行委の塙誠一事務局次長(55)は「経験がないような強風。身の危険を感じた」と振り返る。会場のテント設営などは6日までに完了していた。台風通過に備え、8日には、テントを折り畳み、重りを付けるなどして対策を施していた。<...    
<記事全文を読む>