柔道の世界選手権女子78キロ超級で金メダルを獲得した素根輝(あきら)(環太平洋大)の優勝報告会が10日、岡山市東区の同大であった。東京五輪代表を狙う19歳は「東京五輪には自分が必ず出て金メダルを取るという気持ちがある。達成できるようにまた努力したい」と決意を語った。

...    
<記事全文を読む>