ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会が20日に始まるのを前に、新潟市西区の新潟工業高校で8日、同校ラグビー部OBで日本代表の稲垣啓太選手(29)=パナソニック=を招いた壮行会が開かれた。稲垣選手は5月に母校のラグビーグラウンドを天然芝化する資金などを寄付。壮行会は青々としたグラウンドで開かれた。稲垣選手は「自分の原点となる場所が県ラグビー界の中心地になれる場所になったと感動した。W杯では応援に応えられる結果を残したい」と、気持ちを新たにしていた。

 稲垣選手は「日ごろ応援してもらっている恩返しに」と、芝生の苗や芝刈り機などを購入する費用約300万円を寄贈し、部員らが約4万...    
<記事全文を読む>