ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に出場するニュージーランド(NZ)代表が九日夜、事前キャンプ地の柏市に到着した。台風15号の影響などで、予定より二時間近い遅れにもかかわらず、宿泊先のホテル前では大勢のファンが待機し、黒いジャージーで「オールブラックス」の愛称で呼ばれる世界最強チームを温かく出迎えた。

 ホテル前の歓迎セレモニーでは、市立柏高校の吹奏楽部の演奏が響く中、バスから降り立った登録選手ら約四十人が、長さ六十二メートルのブラックカーペットを進んだ。選手たちは、周りの子どもらの求めに気さくに応じて、差し出される色紙にサインの筆を走らせた。

 一行を代表...    
<記事全文を読む>