地元高校生対象に教室も
 20日に日本で開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)に備えるため、トンガ代表の事前キャンプの練習が10日から、春野陸上競技場で始まった。スタンドで約150人の観客が見守る中、チームは入念にディフェンス面をチェック。練習後には地元高校生らを対象にラグビー教室を開き、交流を深めた。
 
 トンガはW杯前の最後の試合でニュージーランドと対戦。7―92と大敗したため、防御の再整備が課題となっている。この日の午前中は、ポジションごとにミーティングを行った後、全体で話し合ってチームの方向性を確認した。
 
 選手、コーチら...    
<記事全文を読む>