ラグビーの第10回全国中学生大会(太陽生命カップ、14~16日・水戸市)に群馬・長野女子代表が出場する。昨年は群馬県選手が北関東・信越女子代表として出場して全国制覇。金井夢主将(桐生JrRSシルクス)は「自分たちのプレーができれば2連覇できる」と元気いっぱいだ。

◎バックス中心にトライ量産
 昨年はFW中心のチームで粘り強いディフェンスが武器だったが、今年はバックス(BK)中心。「足を使った展開ラグビー」(島本幸治監督)でトライを量産する。

 前年優勝メンバーの「BK3人娘」がチームを盛り上げる。原田紗羽(高崎RC少年部)はスペース...    
<記事全文を読む>