新体操の強豪として知られる東京女子体育大・同短大の新体操競技部が、山形市総合スポーツセンターで強化合宿を行っている。11日午後6時半から同センターで一般向けの発表会を予定し、10日は演技の最終チェックに励んだ。

 同部には日本代表「フェアリー(妖精)ジャパン」の国井麻緒(日大山形高出)のほか、大崎華世(山本学園高出)が所属。恒例となった山形合宿は29回を数え、今年は9~12日の日程で同部の研究発表会(29日・東京)のプログラムを練り上げる。

 今回は大崎を含む約70人が参加した。演技構成は多彩で、リボンやフープといった手具に加えて旗なども使用...    
<記事全文を読む>