ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は、出場する全20チームに「リエゾン」を配置する。試合会場を転々と移動するチームのさまざまな連絡、調整を担う役職で、アルゼンチン代表に同行する中川賀之(かずゆき)さん(42)=藤枝市=は「チームのパフォーマンスの善しあしはリエゾンに懸かっている。縁の下の力持ちとして支えていきたい」と意気込む。
 リエゾンはチームが入国してから出国するまでの移動や宿泊、食事、その他の活動全般をサポートする。あらかじめスケジュールは決まっているが、例えば移動の際に使うはずだった電車が止まったり、道路が渋滞したりした場合は代替手段を手配する。食事に関...    
<記事全文を読む>