奈良県天理市でこのほどあった女子ラグビー(7人制)の第74回国民体育大会近畿ブロック予選に初出場した県代表チームは、初戦で滋賀県代表に7―15で敗れた。公式戦初勝利はならなかったが、県内の女子ラグビーに新たな歴史を刻んだ。

 国体近畿予選は6チームがトーナメントで競った。和歌山県代表は上富田町を拠点に活動する「和歌山パシフィックオーシャンズ7」(通称パオ)のメンバー10人を登録し、大会に臨んだ。県内では昨年まで国体出場を目指す女子ラグビーの県代表チームがなく、パオは県内唯一の女子クラブチームとして1月から活動を始めた。

 和歌山県代表は、1回...    
<記事全文を読む>