第23回どうしん☆スポーツサロン(北海道新聞社主催)が9日、札幌市中央区の北海道新聞社1階・道新プラザDO―BOXで開かれた。ともに冬季パラリンピックメダリストで、アルペン座位の狩野亮(あきら)(33)=マルハン、網南丘高出=と、元パラアイスホッケー日本代表の永瀬充・北海道新聞パラスポーツアドバイザー(43)が対談した。

 2010年バンクーバー大会と14年ソチ大会で計金3銅1のメダルを獲得した狩野は、チェアスキーを使ったアルペン競技について「自由度が高く、スピードも魅力」と語った。

 一方、神経の難病により四肢に障害のある永瀬アドバイザーは、ゴールキーパーとし...    
<記事全文を読む>