20日に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に出場するフィジー代表が7日、秋田市入りし、事前合宿を始めた。初日はあきぎんスタジアムでランニングやストレッチ、パス回しなど軽めの調整に汗を流した。

 選手、スタッフ47人は6日に来日し、7日午前11時に空路で秋田市に到着。宿泊先のホテルメトロポリタン秋田では、市職員や在日フィジー大使館職員ら約130人が出迎え、あきた観光レディー3人がジョン・マッキーヘッドコーチ(HC)らに花束を手渡した。秋田市エコー少年ラグビークラブの子どもたちはフィジー国旗の小旗を振り、選手らがバスから降りてくると握手をして歓迎。間近で見...    
<記事全文を読む>