【網走】20日開幕のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会。網走市は出場するフィジー代表の公認キャンプ地だ。会場となる市内呼人の網走スポーツ・トレーニングフィールドのラグビー場は、一面を覆う天然芝が国内外の選手に高く評価され、8月に日本代表も合宿を行った。選手らの信頼を勝ち得ているのは、「世界一の芝」を目指す職人たちの並々ならぬ努力があるからだ。

 「硬くなく、とても練習しやすい。ここにしかない芝だ。管理している人に『ありがとう』と言いたい」。8月19~28日に網走で行われた日本代表の事前合宿で、フォワードの堀江翔太選手は笑顔で話した。ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)も「美し...    
<記事全文を読む>