アジア初開催となるラグビーワールドカップ(W杯)日本大会が開幕まであと十二日に迫った。ただ、ラグビーと聞くと「ルールが分からない」「どこを見ればいいの?」という声もちらほら。そこで今回は、元日本代表の中林正一監督が率いる全国大会常連の強豪、立命館大体育会ラグビー部に協力いただき、競技の見どころや日本代表の強みなどを教えてもらった。部員らの雄姿と共にお届けする。

 ラグビーは一チーム十五人の選手が相手チームと一個のボールを奪い合い、相手陣地に攻め入る競技。その最大の特徴は「ボールを前にパスできない」。基本的には選手自身がボールを保持して前線を押し上げる必要がある。そのためボー...    
<記事全文を読む>