参加延べ人数が一万人を超える夏の巨大イベント「シマノ鈴鹿ロードレース」が八月三十一日と九月一日の二日間、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで開催された。

 スポーツバイクのコンポーネント(変速機)やホイールで世界トップのシェアを誇る日本企業、シマノ主催の同レース。

 宇都宮ブリッツェンは上記パーツ以外に、シューズやヘルメットなどの供給を受けていることもあり、毎年このイベントに参加して自転車安全教室やレースを盛り上げ、日頃のサポートに対する恩返しをしている。

 今年は、鈴木譲、阿部嵩之、堀孝明、小野寺玲の四選手と、少数精鋭での参加となった。

 八...    
<記事全文を読む>