第48回日本男子ソフトボールリーグ第3節第1日は7日、大阪市のセレッソスポーツパーク舞洲などで17試合が行われた。開幕から無敗で首位を走っていたダイワアクト(佐賀市)は、大阪桃次郎と平林金属(岡山)に連敗を喫した。通算成績は8勝2敗となり、平林金属に抜かれて2位に後退した。

 ダイワアクトは大阪桃次郎戦で初回に3点を先制される苦しい展開。反撃はその裏の1点にとどまり、1-4で敗れた。平林金属戦では投手陣が2本の本塁打を浴びるなど9失点。打線も沈黙し、0-9で完敗した。

 第3節第2日は8日、同スポーツパークなどで17試合があり、ダイワアクトはYKK(富山)、旭化...    
<記事全文を読む>