ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の壮行試合となった日本代表と南アフリカ代表が6日、熊谷ラグビー場で対戦した。日本代表は7―41で南アフリカ代表に敗れたが、満員となったスタンドの2万2258人の観衆は、桜のジャージーの闘志あふれるプレーに熱狂した。W杯日本大会は20日に開幕する。
 
 15年9月、W杯イングランド大会で、日本代表はW杯2度の優勝経験がある南アフリカ代表から終了間際にトライを決め、歴史的勝利を挙げた。世界を驚かせた一戦から4年。観客の期待が高まる中、午後7時15分過ぎにキックオフ。

 日本は南アフリカに3トライを奪われるなどして0―2...    
<記事全文を読む>