20日開幕のラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会に向けた壮行試合が6日、埼玉県熊谷市の熊谷ラグビー場で行われ、日本代表は7-41でW杯2度優勝を誇る南アフリカに敗れた。国学院栃木高出の田村優(たむらゆう)(30)=キヤノン=はスタンドオフで先発し、フル出場した。

 世界ランク10位の日本に対し、南アフリカは同5位。2015年のW杯イングランド大会では1次リーグ初戦で劇的勝利を挙げたが、この日は計6トライを許すなどスピードとパワーで圧倒された。田村は司令塔として攻守に奮闘し、南アフリカのゴールラインに迫る突破を見せる場面もあったものの、日本は相手の強固な守の前に1トライに...    
<記事全文を読む>