日本女子ソフトボールリーグ二部の大垣ミナモソフトボールクラブ(大垣市)は六日、大垣市の浅中公園総合グラウンドでルネス紅葉スポーツ柔整専門学校(滋賀県甲賀市)と対戦し、18-2で大勝した。後半戦開幕となるホーム四連戦で幸先の良いスタートを切った。

 ミナモは二回、田島萌愛(もえ)選手の先制ソロ本塁打を皮切りに、打者一巡の猛攻で一挙6点。三回に田沼華乃選手の3点本塁打などで加点すると、四回には田島選手が2本目となる2点本塁打を放つなど、二回以降、毎回得点を重ねた。五回に失策絡みで2点を返されたが、四人の継投で寄せ付けなかった。

 溝江香澄監督は「全員が打って点を取れ...    
<記事全文を読む>