ステーキにハンバーグ、串焼きにローストビーフ…。ラグビーワールドカップ(W杯)の直前合宿で9日に小田原入りする豪州代表(ワラビーズ)の歓迎ムードを高めようと、オージービーフを使った料理を楽しめる「オージー肉バトルバル」が7~14日、小田原駅周辺の飲食店21店で開かれる。参加店の関係者は「世界の強豪が小田原に来るせっかくの機会。一緒に地元を盛り上げましょう」と呼び掛ける。

 (曽田晋太郎)

 バルは小田原箱根商工会議所が企画し、呼び掛けに応じた居酒屋や洋食店、ラーメン店などが参加。三千五百円で四枚つづりのチケットを購入し、参加店で一枚につき料理一品とドリンク一杯が...    
<記事全文を読む>