2020年東京五輪の聖火リレーで、兵庫県の実行委員会は5日、県内のルートを走るランナーの公募枠27人に対する応募者総数が6070人、倍率が224・8倍で確定した、と発表した。

 聖火リレーは20年5月24、25日に県内14市を通過。実行委は兵庫ゆかりの人らを対象に今年7月1日~8月31日に公募し、選考結果を12月末に発表する。

...    
<記事全文を読む>