宮崎市で開かれるサーフィンの世界選手権「ワールドゲームス」(7~15日、国際サーフィン連盟主催)を前に、競技会場の木崎浜で選手が練習に励んでいる。5日はドイツや南アフリカ、イランなどの代表選手が海に入り、波の感触を確認。一方、選手や関係者を受け入れる会場周辺のホテルは、写真の撮影スポットを設営するなど、歓迎ムードが高まっている。

...    
<記事全文を読む>