スポーツ界の日本代表に「○○ジャパン」があふれている。野球の「侍」、サッカー女子の「なでしこ」…。伝統の柔道日本代表も今春から「ゴジラ」と名乗り始めた。グッズ販売などにつながる商業的価値を高める狙いがある一方、人知れずに埋もれる愛称もある。PRの専門家によると、市民権獲得への近道はなく「定着するかは結果次第」と各代表アスリートの奮起を求める。さて、1年後に迫った2020年東京五輪で脚光を浴びるのは?(有島弘記)

 日本代表の愛称化は04年に公募された「なでしこジャパン」が元祖とされている。11年のワールドカップ(W杯)ドイツ大会を制し、国民栄誉賞に輝くと、その...    
<記事全文を読む>