県西部地区の小、中学生でつくる水球クラブ「PISCINA(ピシーナ)静岡」が八月下旬に京都市で開催された第四十二回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会・水球で、中学生の部で優勝、小学生の部で三位と、好成績を収めた。同大会で、県勢としてのメダル獲得は初の快挙となった。県水泳連盟水球委員長の小杉友祐さん(47)は「約三十年以上にわたる県水球界の歴史で、大きな花を咲かせてくれた」と話している。

 両部門とも全国予選を突破した二十四チームが出場。中学生の部で、ピシーナは予選を二位グループで通過。八チームによる決勝トーナメントでは、粘り強い戦いで勝ち上がり、決勝では、...    
<記事全文を読む>