■沖合で駆け引き

 九十九里浜の南端に位置する千葉県一宮町の釣ケ崎海岸。2020年東京五輪の新競技の一つ、サーフィンの会場だ。国内有数のサーフスポットで7月中旬、テストイベントとなる大会が開催された。
 「自然を相手に、その人にしかできない技を見てほしい」。日本サーフィン連盟(NSA)の女子強化選手でもある地元の中塩佳那(15)=仙台市出身=は競技の魅力を話す。五輪採用については「これまで知らなかった人にも、知ってもらえる機会」と喜ぶ。
 映画「ビッグ・ウェンズデー」などで知られるサーフィン。歴史は古いが、競技としての知名度は決して高くはない。<...    
<記事全文を読む>