ラグビートップリーグに所属する豊田自動織機ラグビー部「シャトルズ」の選手四人が四日、名古屋市中村区の名古屋第一赤十字病院(中村日赤)小児医療センターを訪れ、小児がんなどで闘病中の子どもたちを励ました。

 四人は、山下一選手(27)をはじめ、長谷川真人選手(29)、藤原恵太選手(25)、ジョーダン・ジャクソン・ホープ選手(23)。二人ずつに分かれ、三十八人が入院するセンターの各病室を回った。スポーツタオルにサインをして贈り、子どもたちとの会話を楽しんだ。

 今月二日に交通事故に遭って入院中の同市八社小学校三年の加藤翔己君は、握手をしてもらった山下選手の手が筋肉質で...    
<記事全文を読む>