2020年東京五輪は史上最多33競技、339種目が実施される。新たに採用される競技や種目は、空手のように伝統的なものもあれば、若者に人気の都市型スポーツもある。初採用される5競技・種目を紹介する。(2020年東京五輪取材班)

■ルーツは「遊び」

 ヒップホップやラップなどノリのいい音楽が流れる中、小さな自転車を操る選手が、高さ2メートル近いスロープを踏み切り、空高く飛び上がる。
 「バックフリップ(後転)。決まった!」。選手がトリック(技)を繰り出すたび、MC(進行役)が説明し、観衆を盛り上げる。
 2020年東京五輪で、...    
<記事全文を読む>