【東京支社】カヌーの日本スプリント選手権第2日は3日、東京都の海の森水上競技場で行われ、男子カヤックシングル1000メートルは東京五輪代表に決まった水本圭治(31)=長崎・チョープロ、矢巾中-不来方高-大正大=が4分1秒137で2連覇を果たした。

 水本は向かい風のレースで序盤から先行。中盤に高校生の青木瑞樹(福島県協会)らに追い上げられたが、得意のラストスパートで突き放し、2位に約1秒3の差をつけてゴールした。

 水本は8月下旬の世界選手権(ハンガリー)で、男子カヤックフォア500メートルに日本のメンバーの一員として出場し、アジア最上位で東京五輪の出場枠を獲得...    
<記事全文を読む>