卓球Tリーグの男子公式戦が6、7の両日、四国で初めて鳴門アミノバリューホールで開かれる。日本代表の水谷隼をはじめ、2020年東京五輪でも活躍が期待される国内外のトップ選手がスピード感満点の白熱した攻防を繰り広げる。

 男子の全4チームが出場。第1日の6日は午後7時から琉球アスティーダ対木下マイスター東京、最終日の7日は正午から琉球対岡山リベッツ、午後5時から東京対T・T彩たま(埼玉)の計3試合を行う。各試合とも単複計4マッチで勝敗を争う。

 各チームに国際レベルの有力選手がそろう。首位の東京は水谷のほか、8月の世界ランキング10位の張本智和や元中国代表の候英超ら...    
<記事全文を読む>