ラグビーのワールドカップ(W杯)前の日本代表とのテストマッチ(6日・埼玉県熊谷市)に向けた事前キャンプを岐阜県関市内で行う南アフリカ代表(愛称・スプリングボクス)の歓迎セレモニーが2日、同市役所であり、市民ら約100人が同国の国旗を振るなど温かい"おもてなし"で迎えた。

 同国代表は、過去2度のW杯優勝を誇る強豪。4日までの日程で同市のグリーン・フィールド中池などで練習を積んでいる。練習の合間を縫って、選手8人が市役所を訪れた。

 セレモニーでは、県ラグビーフットボール協会の田代正美会長が「一生に1度あるかどうかの夢のような時間」と感謝を述べ、タオルなどの記念品...    
<記事全文を読む>