セーリングのワールドカップ(W杯)江の島大会最終日は1日、藤沢市の江の島ヨットハーバー沖で上位10艇によるメダルレース(最終レース)が行われ、男子470級は、土居一斗(横浜市金沢区出身)が木村直矢(ともにアビーム)と組んだチームが3位に入って銅メダルを獲得したが、東京五輪代表入りには届かなかった。

 11位でメダルレースに進めなかった岡田奎樹(トヨタ自動車東日本)外薗潤平(JR九州)組が日本セーリング連盟の定める選考得点順位で1位となり、東京五輪代表に決まった。女子470級は吉田愛、吉岡美帆組(ベネッセ)が8月の世界選手権で代表に決定している。

<記事全文を読む>