アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは1日、北海道釧路市の日本製紙アイスアリーナでひがし北海道と対戦し、2-4で今季初黒星を喫した。通算成績は1勝1敗の勝ち点3。

 バックスは第1ピリオド15分53秒にFW古橋真来のゴールで先制したが、第2ピリオド立ち上がりのキルプレーで同点に追い付かれ、その後さらに2失点。同19分には2人多いパワープレーから新加入のDFヘンリ・ヨキエリキッラのゴールで1点差に迫ったものの、第3ピリオドに追加点を許した。

 バックスは2日午後6時半から、同アリーナでひがし北海道と対戦する。

...    
<記事全文を読む>